カードローンに必要な年収は?収入が低くて審査が不安な方へ

カードローンに必要な年収は 借りる条件
オラクルちゃん
オラクルちゃん

カードローンでお金を借りたいけれど、審査が通るか心配という方も多いよね。

申し込みをする前に借りられる見込みがあるのか知りたいよね。

そこでこのページではカードローンにどの程度の年収が必要なのか、また他の審査の基準についても解説するよ。

収入以外にも審査で見られるポイントって何かな?

生活費が不足して、カードローンでお金を借りようか迷っている人いますよね。

収入が低くて審査に通るかどうか不安になっている人もいるかと思います。

ここではそんな人のために、カードローンを利用するのに必要な年収についてご紹介します。

年収が低くても借りる方法や、反対に十分な年収があるのに審査で落ちる原因なども含めて解説しますので、自分は大丈夫だと思っている人も、申し込み前にしっかりと最後まで目を通しておきましょう。

カードローンの借入と勤続年数の関係が知りたいという方は以下のページをご覧ください。

カードローンの借り入れに勤続年数はどれくらい必要?勤務歴が浅い方へ
カードローンの審査基準の一つとして勤続年数があります。審査が通るには勤続年数が何年必要が気になりますよね。そこでこのページでは審査と勤続年数の関係と、短いときに借りやすくするための対処法を詳しく解説します。

カードローン審査通過に必要な年収は、原則非公開

必要な年収は原則非公開

カードローンを提供しているのは銀行や消費者金融ですが、残念ながらどの金融機関も審査通過に必要な年収を公開していません。

一部の金融機関では利用条件に、「年収100万円以上」といった項目が設定されていますが、年収が100万円あれば借りられるというわけではありません。

このようなケースでは「年収が100万円未満の人には絶対に融資をしません」としているだけで、100万円あれば審査のテーブルにつけるというだけです。

原則として必要な年収は非公開となっていますので、「カードローンに必要な年収は分からない」というのが答えになります。

アルバイト収入があれば借りられる、という点から推測してみる

アルバイト収入があれば借りられる

「必要な年収が分からない」では困ってしまうと思いますので、ここではどれくらいの年収があればいいのか推測してみることにします。

もちろん当てずっぽうの推測ではなく、きちんとした根拠を持った推測ですので安心してください。

カードローンの多くはパートやアルバイトでも利用できるとしています。

アルバイトと言っても正社員と同じような勤務体系の人もいれば、スキマ時間に働いているという人もいますので、個々に差はあるかとおもいますが、平均で年収150万円程度と言われています。

パートの場合には、社会保険料が発生する130万円の壁がありますので、ほとんどの人が100万〜130万円以内ということになります。

ここから分かるのは、年収として100万円程度あればお金を借りることができるということです。

ただし、100万円の年収であっても、それをすべて自由に使える人と生活費に回さなくてはいけない人でも100万円の意味が違ってきます。

基本的には100万円以上の年収があればカードローンの審査に通過しますが、1人暮らしをしている場合などには、審査落ちする可能性があることを頭に入れておきましょう。

年収額もさることながら、収入の継続性、安定性が大事

収入の継続性と安定性が大事

カードローンを利用するのに必要な年収は100万円以上とお伝えしましたが、実は年収額も重要ですが、それ以上に重要になるポイントがあります。

それが、将来的にも安定してその収入が続くということです。

銀行や消費者金融が気にするのは、完済まできちんと収入を見込めることを重視します。

このため年収300万円の正社員と年収300万円のアルバイトでは、収入が同じだとしても借りやすいのは正社員です。

正社員は原則として終身雇用にありますので、余程のことがない限り毎月安定した収入が見込めます。でもアルバイトではいつクビになって収入が途絶えるか分かりません。

アルバイトの場合、本人に働く意志があっても、交通事故などで1ヶ月の入院が必要になったら、1ヶ月間は収入が途絶えてしまうわけです。

そのような不安定な働き方をしている人は、どうしても融資をしにくいわけです。

公務員 > 正社員 > 派遣社員 > パート・アルバイト

審査ではこのような借りやすさの違いがあることを頭に入れておきましょう。

最も借りやすい属性は公務員です。

その次に正社員ですが、正社員でも上場企業の社員が特に借りやすく、零細企業の場合はやや借りにくくなっています。

その次が派遣社員、そしてパート・アルバイトと続きます。

また、継続性も重視しますので、同じ職場で何年働いているかという点も審査ポイントになります。

カードローンの審査では「雇用形態」ではなく、「勤務先」や「勤続年数」によって審査をする場合もあるため、たとえ派遣社員や契約社員でも、大手企業に勤めているほど有利であると判断されるだろう。

引用元:オリコン「カードローン、審査に“不利”な条件とは? 職業ごとにポイントを解説!

今の職場で働きだしたばかりという人は、すぐに辞める可能性があるため、審査ではかなりマイナス評価となります。

明確な基準はありませんが、消費者金融から借りるなら半年以上の勤続年数、銀行なら1年以上同じ職場で働いてから申し込みをしてください。

平均的な収入があるのに審査に落ちた場合、原因は年収以外にある

審査に落ちた原因

ここまでの説明で年収だけでなく、それが勤務形態や勤続年数が重要だと理解してもらえたかと思います。

ただ、それ以外にも審査落ちする原因があります。

平均的な収入がありながら、審査落ちする原因としては下記のような理由が考えられます。

  • 年収に対する借入希望額が多すぎる
  • すでに他社から借りている
  • ブラックリスト入りしている

消費者金融のカードローンは総量規制というルールがあり、年収の1/3までしか融資をしてはいけないという決まりがあります。

この1/3というのは他の貸金業者からの借入れも含めての金額です。

このため、年収が300万円だとしたら100万円までしか融資してくれません。

これを知らずに150万円貸してほしいと言っても、審査は絶対に通りません。

銀行は総量規制の対象外ですが、最近は過剰融資が問題になっていますので、どれだけ条件がいい人でも、年収の1/2程度が借りられる上限です。もちろん他社からの借入れも含めてです。

ということは、年収300万円で他社からすでに100万円借りていたら、消費者金融では1円も借りられないことになります。

実際に借りていなくても、クレジットカードのキャッシング枠があったりすると、それも借りていると見なされますので、注意してください。

また、他社からの借り入れに対して滞納や債務整理をしたことのある人は、ブラックリスト入りしているため、どれだけ年収があっても借りることができません。

お金を借りたという個人の信用情報は個人信用情報機関という組織で管理され、ほぼすべての金融機関でその情報を共有しています。

このため、どこかの金融機関で滞納した場合、他の金融機関もそのことを把握しているので、信用できない人として融資を断られます。

カードローンは信用をベースにお金を貸していますので、ブラックリスト入りしている人は絶対に審査落ちします。

最近は携帯電話料金の滞納でブラックリスト入りする人が増えています。

年収も十分あり、正社員でステータスも十分で、なおかつ他社からの借入れもないのに審査落ちするという場合には、知らないうちにブラックリスト入りしている可能性があります。

気になる人はJICC、CIC、JBAといった個人信用情報機関に問い合わせをして、自分の個人信用情報の確認しておきましょう。

自分の個人情報を調べる方法はこちらで解説しています。

自分の信用情報を調べる方法。自分が借りれるかどうかがわかる
お金を借りる際に審査が通るかどうか気になりますよね。「個人信用情報機関」が保管する情報を調べることで自分が融資を受けるだけの信用があるかが分かります。このページではその信用情報を調べる方法を詳しく解説します。

まとめ:カードローンの審査は総合的に判断される

カードローンの審査は総合的に判断される

カードローン審査について知れば知るほど不安になってきたかもしれませんが、審査に落ちる理由がわかれば、融資を受けられる条件というのも見えてきます。

  • 年収は100万円以上
  • 同じ職場で半年以上働いている(銀行は1年以上)
  • 借りられるのは年収の1/3まで(銀行は年収の1/2)
  • 金融事故を起こしていない

これらの条件を満たしていれば、収入が少なくとも審査に通る可能性があります。

最低限の年収があれば、あとは年収だけでなく様々な要素を総合的に判断して融資の可否が決まります。

年収が100万円でも融資を受けられるケースもありますので、条件を満たしているなら思い切って、審査を受けてみましょう。

ただし、パートやアルバイトといったステータスが低い人は、銀行ではなく消費者金融のカードローンを選びましょう。

消費者金融は金利が高いというデメリットがありますが、審査基準が銀行よりも低く設定されています。

確実に借りたい場合には、消費者金融がおすすめです。

一番借りやすい金融機関はこちらのページでまとめています。

一番借りやすいカードローンはどこ?街金以上、大手未満の穴場を狙え!
よくCMなどで見かけるカードローンは、実は審査が厳しくなかなか借りられないとお困りではありませんか?でもブラックリスト入りしているような人でも借りやすく安全なカードローンがあります。このページではその詳細や悪徳業者との見分け方を解説します。
タイトルとURLをコピーしました