借りる方法

借りる方法

個人間融資で借りるのは危険。体の関係を迫るひととき融資に注意!

インターネットの掲示板やSNSなどで手軽に資金調達できる個人間融資ですが、お金を貸してくれる人のほとんどが闇金業者で、その他のケースでも犯罪に巻き込まれる可能性が高いお金の借り方です。ここではそんな個人間融資で借りる危険性についてご紹介しています。
借りる方法

おまとめローンはどこがいい?失敗しない銀行の選び方

いくつもの金融機関からお金を借りていると、返済に追われている気分になりますよね。「おまとめローン」を上手に利用すると返済額を減らすことができます。このページではおまとめローンの選び方や注意点を詳しく解説します。
借りる方法

19歳がお金を借りる方法。未成年がお金に困った時の対処法

金銭的に苦しいけれど「未成年だから」とお金を借りることを諦めていませんか?このページでは未成年や学生でもお金を借りることができる方法と、将来困らないために知っておくべき注意点について詳しく解説していきます。
借りる方法

給料を即金で前借りしたいなら!勤務先からお金を借りる方法

会社が従業員貸付制度を導入している場合、従業員は低金利で勤務先からお金を借りることができます。ただし使用用途に制限があるなど、自由度が低いといったデメリットもあります。ここではそんな従業員貸付制度を使ってお金を借りる方法について詳しく説明しています。
借りる方法

ハローワークからお金を借りる。求職活動中の生活を安定させる方法

ハローワークは仕事を斡旋するだけでなく、求職活動中に生活が困難にならないようにするために、様々な角度から失業者の支援を行っています。ここでは、そんなハローワークからお金を借りる方法について、利用条件や借入方法について詳しくご紹介しています。
借りる方法

年金を担保に借りる方法。年金担保融資を利用しよう!

年金を担保にお金を借りることができるのは年金担保貸付だけで、会社員や自営業者だった人は福祉医療機構、公務員だった人は日本政策金融公庫から借り入れできます。ここではそんな年金担保貸付について、その特徴や利用方法について解説しています。
借りる方法

生命保険を担保に借りる方法。契約者貸付制度なら審査なし!

生命保険のうち終身保険に加入している場合には、契約者貸付制度を利用してお金を借りることができます。金利が低く、無審査で融資を受けることができる魅力的な制度ですが、ここではメリットだけでなくデメリットも含めて、生命保険を担保に借りる方法をご紹介しています。
借りる方法

市役所で借りる方法。生活福祉資金貸付制度で生活再建を目指す

金融機関からお金を借りられない低所得世帯・高齢者世帯・障害者世帯に対するセーフティネットとして、市役所で借りることができる生活福祉資金貸付制度があります。ここでは生活福祉資金貸付制度の対象者や、どのような資金を借りられるのかについて分かりやすく解説しています。
借りる方法

高齢者でも借りれるローン特集。60歳以上でもOKな金融機関まとめ

60歳を過ぎるとお金を借りられないと思っておられませんか?60代でも働く方が多い今、金融機関でも融資を受けられるところがあります。このページでは60歳以上でもお金を借りられる金融機関について詳しくご紹介します。
借りる方法

闇金から借りるとどうなるか?高金利だけじゃない怖さとは?

金融ブラックの状態になった人にとって、審査なしで融資をしてくれる闇金はとてもありがたい存在のように思えますが、実際にはリスクばかりが大きく、とても利用をおすすめできない存在です。ここではそんな闇金から借りるリスクについて詳しくご紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました