一番借りやすいカードローンはどこ?街金以上、大手未満の穴場を狙え!

一番借りやすいカードローンはどこ? 借りる条件

カードローンは銀行や消費者金融などで利用できますが、銀行も大手消費者金融もたくさんCMなどを流しているのに、実際には審査が厳しく借りにくいですよね。

ブラックリスト入りしている人などは、ほぼ門前払いに近い扱いを受けてしまいます。

でも実はフリーターのような属性の低い人や、金融事故を起こしたような人でも借りやすいカードローンがあります。

ここではどのようなカードローンが借りやすいのか、なぜ審査のハードルが低いかなどをご紹介していきます。

ブラックでもお金を借りたい方はこちらのページを参考にしてくださいね。

ブラックでも本当に借りれる唯一の方法。これでだめなら借りるところはない?
過去に金融事故をおこしてブラックになってしまっても「もうお金を借りることがはできない」ということはありません。このページではブラックの人がお金を借りる方法や、さらに大変な事態を招かないための注意点を詳しく解説します。

借りやすいのは中小消費者金融のカードローン。なぜ街金が借りやすいか?

カードローンはたくさんの金融機関が提供していますが、借りやすいのは街金と呼ばれる中小消費者金融です。

なぜ借りやすいのかについて、詳しく見ていきましょう。

大手に比べて審査基準がゆるいから

大手に比べて審査基準がゆるい

中小消費者金融は大手と比べると、審査基準をゆるく設定しています。

審査基準を大手と同じにすると誰も利用してくれないためです。

誰もが名前を知っている大手と、聞いたこともないような中小消費者金融が並んでいたら、ほとんどの人が大手で借りようとしますよね。

このため、中小消費者金融は大手で審査落ちしたような人をメインターゲットにして、融資を行っています。

大手で融資を断られた人でも審査に通過するように、意図的に審査基準を下げて、借りやすくしているというわけです。

審査作業が画一的でなく、借り入れ希望に対して柔軟に対応するから

柔軟に対応する

大手の審査はマニュアルに従って行われますので、借りたい人のステータスによって融資の可否が機械的に決まります。

基準を満たしていなかったら融資不可というように、バッサリと審査で落としていきます。

ところが中小消費者金融ですと、親身になって相談に乗ってくれます。

もしブラックリスト入りしていても、安定した収入があれば融資を行いますし、満額融資が無理でも貸すことができるギリギリの金額を提案してもらえます。

機械的ではなく、人を見てできる限りの融資を行おうとしてくれるので、大手で断られた人でも借りることができます。

大手金融機関に負けないよう経営努力しているから

貸金業者の中でも特に優秀な業者

あまり知られていませんが、過払い金返還請求訴訟やグレーゾーン金利廃止などの影響により、かつて4万社以上あった貸金業者が2000社以下にまで減っています。消費者金融の数は1000社も残っていません。

ここまで厳しい状況を生き残れたのは運が良かったのではなく、大手金融機関に負けないだけの経営努力を積み重ねてきた結果です。

現在残っている消費者金融は、貸金業者の中でも特に優秀な業者で、独自の融資・集金ノウハウを持っているため、大手よりも借りやすくなっています。

それでも中小の消費者金融が避けられる理由

現在残っている中小の消費者金融は優秀な会社ばかりですが、それでもほとんどの人が大手を利用するのはなぜでしょう?

ネット上での評判も少なく、利用しづらい

知名度の低さ

中小の消費者金融が避けられる最大の理由が、知名度の低さにあります。

大手はその名前だけで安心できますが、中小の場合には名前も知られておらず、評判を調べようにも利用者が少なくて口コミがほとんどありません。

安全かどうかも判断できないので、利用を避けているのが実情です。

大手に比べて便利さの点で劣る

大手に比べて便利さの点で劣る

大手は申込み方法も多く、あちこちに無人契約機や提携しているATMがあります。

中小の消費者金融は窓口での申し込みが必須であったり、振り込みでの融資しか行っていないケースもあり、使い勝手が悪いというデメリットがあります。

便利さという点で大手に劣るため、多くの人が「まずは大手で」となっています。

返済が滞った場合、なんとなく怖い

闇金業者と混同されている

最近は消費者金融もクリーンなイメージが定着しつつありますが、小さな消費者金融ですと滞納したときの取り立てが厳しいという印象がありますよね。

闇金業者と混同されているところもあり、なんとなく怖いという理由から避けられているケースもあります。

実は金利は大手消費者金融のカードローンとほとんど変わらない

金利に大きな違いはない

大手を選ぶ理由としては安心感が大きいわけですが、それに加えて有利な金利で借りられると思っている人も多いようです。

銀行と比べると中小消費者金融の金利は高いのは事実ですが、実は大手消費者金融との比較ですと、金利に大きな違いはありません。

  • 10万円未満の場合:年20%
  • 10万円以上100万円未満の場合:年18%
  • 100万円以上の場合:年15%

カードローンの最大金利は利息制限法により、このように決められています。

大手消費者金融も中小消費者金融もこの最大金利で融資を行っていますので、金利は同じになるというわけです。

何度も利用して信用ができると金利が下がることもありますが、初めての利用ですと最高金利が適用されますので、金利差はないと考えてください。

全国対応、来店不要で借りられる中小消費者金融ベスト5

  1. パーソナルクレジットセントラル
  2. キャッシング アロー
  3. フクホー
  4. ライフティ
  5. いつも

ここでは自分で中小の消費者金融を探すのは難しそうという人のために、おすすめできる来店不要で借りられる中小消費者金融がこの5社です。それぞれの特徴について見ていきましょう。

パーソナルクレジットセントラル

パーソナルクレジットセントラル

パーソナルクレジットセントラルは愛媛県松山市に本社があり、創業が昭和48年と歴史のある消費者金融です。

インターネットからの利用申込みができ、全国のセブン銀行ATMを使って借入れや返済が可能です。

初めての利用は30日間金利0円になるサービスも展開され、即日融資にも対応するなど、ほぼ大手消費者金融を利用するのと変わらない使い勝手のよさが特徴の消費者金融です。

金利:年4.80〜18.00%
契約限度額:1万〜300万円
URL:https://011330.jp/

キャッシング アロー

キャッシング アロー

キャッシング アローは平成12年に岐阜県で設立、平成22年から株式会社アローとして名古屋に移転した消費者金融です。

貸金業者としての歴史はそれほど長くありませんが、最短45分で審査が終わるスピーディーな融資で人気があります。

金利は高めに設定されていますが、滞納などの履歴がありブラックリスト入りしている人でも柔軟に審査してもらえるという魅力があります。

金利:年15.00〜19.94%
契約限度額:1万〜200万円
URL:http://www.my-arrow.co.jp/

フクホー

フクホー

フクホーは昭和42年創業の消費者金融で、準大手と言っても過言ではないほど高い知名度があります。

ブラックリスト入りしている人の駆け込み寺で、インターネットからの申し込みだけでなく、セブンイレブンのマルチコピー機から契約書類を取り出すことができます。

セブンイレブンと提携しているだけでも、十分に信用できますよね。

女性向けのレディースキャッシングを用意するなど、きめ細かなサービスで利用者を増やしている消費者金融です。

金利:年7.30〜20.00%
契約限度額:5万〜200万円
URL:https://www.fukufo.co.jp/

ライフティ

ライフティ

ラフティは1991年に設立した消費者金融で、貸金事業だけでなく信販事業、ファクタリング事業なども展開しています。

1000円からの借入れが可能で、中小消費者金融としては珍しく、最大500万円まで借りることができるのもライフティの魅力です。

ブラックリスト入りしている人はもちろんのこと、正社員歴のないフリーターでもきちんと審査をしてもらえるなど、状況に応じてできる限りの融資を行ってもらえます。

金利:年8.00〜20.00%
契約限度額:1千〜500万円
URL:http://www.ryfety.com/

いつも

いつも

いつもは高知県の株式会社K・ライズホールディングスが経営する消費者金融です。

K・ライズホールディングスはブランド品や農機具の買取販売を中心に、質屋や飲食事業などマルチに展開している優良企業です。

契約限度額を50万円と低く設定されていますが、これにより貸し倒れによる損失を最小限に抑えています。

このため、大手金融機関が融資を断る属性の人でも即日融資を受けることができます。

金利:年7.00〜18.00%
契約限度額:1万〜50万円
URL:https://www.126.co.jp/

闇金と街金の簡単な見分け方

闇金と街金の簡単な見分け方

借りやすいカードローンを探すのにあたって、気をつけたいのが闇金業者の存在です。

闇金は違法な金利で融資を行い、様々な手口を使ってお金を搾り取ろうとしてきます。

そのような闇金を間違って使わないようにするために、利用する前に次の点をチェックしてください。

  1. ホームページがあるか
  2. 都道府県知事の認可を受けているか
  3. ブラックでも借りれる、100%融資などありえない宣伝文句がないか
  4. ネット上で口コミがあるか

ホームページがあるか

ホームページがあるか

まず気になる街金があったら、ホームページがあるかどうかを確認してください。

ホームページがない場合は闇金である可能性が高く、利用を避けておいたほうが確実です。

ただし、闇金でもホームページを作っている業者もいますので、これだけで判断しないでください。

ホームページがある場合には、連絡先の電話番号をチェックしましょう。

もし携帯電話の番号が書かれていたら正規の業者ではない可能性がかなり高いと考えてください。

都道府県知事の認可を受けているか

都道府県知事の認可を受けているか

正規の貸金業者はすべて都道府県知事の認可を受けて営業しています。

ホームページに「東京都知事(1)第23456号」といった認可番号が記載されているのを確認しましょう。

こちらは虚偽の記載をしている可能性がありますので、怪しいと思ったら金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で確認してから利用しましょう。

ブラックでも借りれる、100%融資などありえない宣伝文句がないか

ありえない宣伝文句がないか

街金ではブラックでも借りることができますが、ホームページでそれについて宣伝することはありません。

「ブラックでも借りれる」「100%融資します」といった宣伝をしている業者は闇金である可能性が高いので利用しないでください。

ネット上で口コミがあるか

ネット上で口コミがあるか

「ここで大丈夫かな」と思ったら、最後にネット上の口コミを確認しましょう。

インターネットの検索だけでなくTwitterなども活用してリサーチしましょう。

それらを確認した上で、問題ないと判断してから審査申し込みを行ってください。

まとめ:1番借りやすいカードローンは中小消費者金融

1番借りやすいカードローンは中小消費者金融

大手消費者金融や銀行の審査はマニュアル化されており、どの金融機関でも審査基準がほぼ横並びです。

そして、少しのリスクも取らないというのが基本スタンスですので、審査がどうしても厳しくなります。

ところが中小消費者金融は大手で審査落ちした人をターゲットにしており、審査基準も独自のノウハウがあります。

これにより審査のハードルが下がり、ブラックリスト入りしている人や、ステータスが低い人でも借りることができます。

ただし、中小消費者金融は高額な融資を行わないという方法で、リスク回避を行っています。

このため大手で断られたような人が高額な借入れをするのは難しく、融資希望額から減額されての融資になる可能性があることも頭に入れておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました