無職でも借りれるところはどこ?失業中他、様々なケース別の対応策

無職でも借りれるところはどこ? 借りる方法

銀行や消費者金融などの金融機関から、最も融資を受けにくい属性が無職です。

そんな無職の人でも就職や転職のための活動にお金が必要になりますし、病気やケガでまとまったお金が必要になることもありますよね。

ではそういうときにはどうすればいいのでしょう?

ここでは無職でも借りれる方法について、仕事をしていない事情ごとに詳しくご紹介していきます。

無職だからといってあきらめていた人も、借りられる可能性は十分にありますので、最後まで目を通して参考にしてください。

いわゆる「失業中」の状態だと、金融機関からは借りにくい

失業中で無職というのが1番お金を借りにくい

無職にもいろいろな状態がありますが、失業中で無職というのが1番お金を借りにくい状態にあります。

転職をするためにいろいろとお金が必要なタイミングですが、カードローンやフリーローンの審査ではまず間違いなく審査落ちすると考えてください。

それらのローンの利用条件は、安定した収入があることとなっていますので、失業中というのはその条件を満たしていません。

もし無職であることを隠して借りようとしても、金融機関が勤務先に在籍確認の電話をしますので、そこで虚偽の申告をしているのがバレてしまいます。

失業中はブラックリスト入りしているのと変わらない状態ですので、アルバイトでもいいので仕事に就くか、カードローンやフリーローン以外の借入方法や、現金調達方法を活用してお金を手にするようにしましょう。

無職でもクレジットカードを持っていれば借入OKの可能性が高い

無職でもクレジットカードを持っていれば借入OK

失業中の状態では金融機関からお金を借りにくいとお伝えしましたが、実は1つだけ無職でも借りれる方法があります。

それがクレジットカードを利用した借入れです。

どのようにすれば、クレジットカードを使って借入れができるのか見ていきましょう。

まずはキャッシング枠を使ってお金を借りる

キャッシング枠を使ってお金を借りる

もしお手元のクレジットカードにキャッシング枠が設定されているなら、銀行やコンビニのATMを使ってお金を借りることができます。

キャッシング枠がついているかどうかは、クレジットカードの申込みをするときに選択できますが、設定したかどうか覚えていないという人もいますよね。

そういう人は利用明細票やカード会社のマイページなどで、利用限度額の欄をチェックしてみましょう。

キャッシングできる場合には、その限度額が記載されています。

キャッシング枠があれば、すでに審査を通過している状態ですので、すぐにお金を借りることができます。

キャッシング枠がなければショッピング枠を使って現金化してみる

ショッピング枠を使って現金化

もしキャッシング枠が設定されていない場合には、ショッピング枠を利用してクレジットカードの現金化を行いましょう。

クレジットカードの現金化といっても、クレジットカードを売るわけではありません。

現金化業者のサイトで、キャッシュバック付き商品をクレジットカードで購入し、キャッシュバック分を銀行口座に振り込んでもらいます。

例えば、価格が20万円で18万円のキャッシュバックが付いている商品を購入します。

クレジットカード払いでその商品を購入すれば、18万円が銀行口座に振り込まれます。

これで実質的には10%の手数料でお金を借りたのと同じ状態になります。

少し手順がめんどうですが、違法ではないもののクレジットカード会社は現金化を禁止していることが多いため、その規約違反にならない方法として、このような方法が行われています。

クレジットカード現金化についてより詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

【優しく解説】クレジットカードで現金を作る方法。失敗せずに現金化するには?
キャッシングではお金を借りられないけれど、どうしても現金が必要な場合もありますよね。クレジットカードを使って審査なく、もちろん違法でもなく現金を手に入れる方法があります。このページではその方法と注意点を詳しく解説します。

仕事をしていない事情によって借入条件も違ってくる

事情によって借入条件も違ってくる

失業中で無職の人はお金を借りることは難しいのですが、専業主婦や学生、高齢者などは無職でも借りれる属性です。

ただし、借りれる場所はそれぞれに違いますので、どこから借りればいいのかを見ていきましょう。

専業主婦の場合

専業主婦の場合

  • 銀行
  • クレジットカードの家族カード
  • 消費者金融の配偶者貸付制度

無職の専業主婦がお金を借りる方法は3つあります。

いずれの方法にも共通しているのは、夫の収入を頼りにお金を借りるということです。

銀行は過剰融資を避けるために、ほとんどが無職の専業主婦への融資をやめていますが、一部のネットバンクではまだ配偶者に安定収入がある場合に、融資を行っています。

クレジットカードの家族カードでも、お金を借りることができます。

これは夫のクレジットカードで家族カードを作り、そこにキャッシング枠を付ける方法です。

借りられる額は大きくありませんが、生活費が少し足りないという場合に助かります。

また中小の消費者金融やレディースローンでは、配偶者の年収ベースで融資をしてくれる配偶者貸付制度を利用したローン商品を用意していることがあります。

こちらも夫に安定収入があれば、無職でも借りれます。

専業主婦やパート主婦でもお金を借りれるか疑問に思っている方は以下のページをご覧ください。

主婦でもお金借りれるところはどこ?パート主婦・専業主婦に分けて解説
主婦はお金を借りにくいイメージがありますが、どんな主婦でも同じなのか気になりますよね。そこでこのページではパート主婦・専業主婦に分けて「どこならお金を借りられるのか」「借りるときの注意点」を詳しく解説します。

学生の場合

学生の場合

  • 奨学金制度
  • アルバイトをしていれば学生ローンかカードローン
  • クレジットカードの家族カード

学生がお金を借りる方法は2種類あります。

アルバイトをしていない場合には奨学金制度を利用して借りる。

アルバイトをしているのであれば、学生ローン・カードローンもしくは奨学金制度を利用できます。

ただし、銀行のカードローンは学生不可のものが多いので、消費者金融のカードローンを利用しましょう。

また、専業主婦と同様にクレジットカードの家族カードでキャッシングが可能です。

ただし、どの金融機関も積極的な融資は行っていません。

学生ローンも親の同意が必要なものが多く、親に秘密で借りるのは困難です。返済も大変ですので、卒業後からの返済になる奨学金で借りることをおすすめします。

未成年の借入については以下を参考にしてください。

未成年がお金を借りる方法。19歳未満がお金に困った時の対処法
金銭的に苦しいけれど「未成年だから」とお金を借りることを諦めていませんか?このページでは未成年や学生でもお金を借りることができる方法と、将来困らないために知っておくべき注意点について詳しく解説していきます。

高齢者の場合

高齢者の場合

  • 年金担保貸付
  • リバースモーゲージ
  • 69歳以下ならカードローン

仕事を辞めて無職になった高齢者の場合、安定収入が年金だけになってしまいます。

この年金を収入として融資するかどうかは金融機関ごとに判断が違います。

年金を担保に融資を行うことは禁じられていますので、大手銀行などは無担保とはいえ年金しか収入がない人への融資をしない傾向にあります。

このため中小の消費者金融のカードローンや、持ち家を担保にお金を借りるリバースモーゲージなどを使って借りることになります。

また、福祉医療機構や日本政策金融公庫の年金担保貸付なら、無職でも年金を担保に低金利でお金を借りることができます。

60歳以上の方でもお金を借りたい方は、以下のページをご覧ください。

高齢者でも借りれるローン特集。60歳以上でもOKな金融機関まとめ
60歳を過ぎるとお金を借りられないと思っておられませんか?60代でも働く方が多い今、金融機関でも融資を受けられるところがあります。このページでは60歳以上でもお金を借りられる金融機関について詳しくご紹介します。

無職の場合、生活福祉資金貸付制度は利用しにくい

生活福祉資金貸付制度は利用しにくい

低所得世帯のためのセーフティーネットとして、生活福祉資金貸付制度があります。

無職で収入がないなら、この制度を利用してお金を借りられると思っている人もいるようですが、残念ながら生活福祉資金貸付制度は貸付けですので、返済の見込みのない人への融資を行っていません。

もちろん、返済の見込みがあれば無職でも借りることができます。

そのためにはまず、ハローワークで求職登録をして働く意志を示す必要があります。

そのうえで、求職のための活動をどう行っていくかの計画書などの提出も求められることもあります。

働く意思がない場合や、金融機関から多額の借り入れがある場合などは、生活福祉資金貸付制度の審査で落とされる可能性が高いので注意してください。

ハローワークでお金を借りる方法は以下のページでも解説していますよ。

ハローワークからお金を借りる。求職活動中の生活を安定させる方法
ハローワークは仕事を斡旋するだけでなく、求職活動中に生活が困難にならないようにするために、様々な角度から失業者の支援を行っています。ここでは、そんなハローワークからお金を借りる方法について、利用条件や借入方法について詳しくご紹介しています。

おおっぴらに無職でも借りれると宣伝している業者は闇金です

無職でも借りれると宣伝している業者は闇金

インターネットや郵便受けに投函されたチラシなどで、「無職でも貸します」と宣伝をしている金融機関があります。

どこからもお金を借りられなくなると、あやしいなと思いながらもついつい利用してしまいがちですが、このような業者からは絶対に借りないでください。

収入の見込みのない人にお金を貸すなんてことは、どう考えても不自然ですよね。

まず間違いなく闇金業者ですので、高金利での融資を行って、返済困難な状態になったら、どんな方法を使ってでもお金を回収しようとしてきます。

確実に生活が破綻してしまうだけでなく、人生そのものが破綻する可能性もあります。

取り返しのつかないトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、無職でも融資すると宣伝している金融機関からは借りないようにしましょう。

闇金の危険性についてはこちらのページをご覧ください。

闇金から借りるとどうなるか?高金利だけじゃない怖さとは?
金融ブラックの状態になった人にとって、審査なしで融資をしてくれる闇金はとてもありがたい存在のように思えますが、実際にはリスクばかりが大きく、とても利用をおすすめできない存在です。ここではそんな闇金から借りるリスクについて詳しくご紹介しています。

まとめ:無職が借りるときこそ慎重かつ計画的に

無職が借りるときこそ慎重かつ計画的に

無職でも状況によって、クレジットカードのキャッシング枠を使うなどして、お金を借りられることを分かってもらえたかと思います。

ただし、収入がないというのは返済できないということでもありますので、借りられるからといって安易に借りてしまうと、すぐに返済困難になってしまいます。

返済が見込めないのに借り入れするというのは、リスクしかありません。

借りるときには必ず返済計画を立てて、確実に返せる状態にして借りるようにしましょう。

収入のあてがないのに「なんとかなるはず」で借りて、どうにもならなくなって債務整理した人が大勢います。

同じような状態にならないようにするためにも、無理な借入れは絶対に避けて、慎重かつ計画的な借入れを行ってください。

タイトルとURLをコピーしました