未成年がお金を借りる方法。19歳未満がお金に困った時の対処法

未成年がお金を借りる方法 借りる方法

未成年が銀行や消費者金融でお金を借りようとしても、ほとんどすべての金融機関で20歳以上からしか申し込みができないようになっています。

これにはいろいろと理由があるのですが、とはいえ18歳や19歳で社会に出て働いている人もいますし、学生でもサークルなどで何かとお金が必要ですよね。

ここではそんな未成年が、お金借りるための方法についてご紹介します。

なぜ借りるのが難しいのかも説明しますので、これからお金を借りようとしている人は参考にしてください。

学生は金融機関からお金を借りる方法は限られている

学生は金融機関からお金を借りる方法は限られている

未成年がお金借りるのが難しい理由。

それは未成年との契約行為が認められていないためです。

カードローンなどは、必ず返済するという約束(契約)に基づいて融資を行います。

ところが、未成年は契約そのものが無効になるため、未成年に貸したお金を「返済しない」と言われると、金融機関はどうしようもなくなってしまいます。

銀行や消費者金融が、わざわざそんなリスクを犯してまでお金を貸す理由はどこにもありません。

しかも学生ですと、勉強することが優先されるべきで、借金返済のためにアルバイトをしなくてはいけなくなるというのは、社会的にも好ましくありません。

このため金融機関によっては成人していても、学生には融資しないとしているケースもあります。

ただし、まったく借りられないというわけではありません。

学生でもお金を借りる方法がいくつかありますので、次章ではその方法についてご紹介していきます。

学生がお金を借りる5つの方法

  1. クレジットカードのキャッシング枠
  2. 学生専用ローンを利用する
  3. 学費を借りるなら奨学金を利用する
  4. 就職が決まっているなら、内定者ローンを利用する
  5. ゆうちょ銀行の担保貸付を利用する

学生がお金を借りる方法はこちらの5つです。

確実に借りられるものから、条件付きで借りられるもの、難しいけど借りられる可能性があるものなどそれぞれに違いがあります。

どのような違いがあるのか、それぞれの借りる方法について詳しく見ていきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠

カードローンなどの契約を結ぶことができなくても、クレジットカードを作ることはできます。

そしてそのクレジットカードにはキャッシング枠といって、お金を借りる機能を付けられることがあります。

ただし、未成年がクレジットカードを作るには次の条件を満たしている必要があります。

  • 18歳以上(高校生は不可)
  • 親権者の同意がある

すべてのクレジットカードが対応しているわけではありませんが、この条件を満たしていれば、未成年でも作ることができるクレジットカードがいくつかあります。

ただ、クレジットカードの数は無数にありますので、自分で探すのは大変かと思いますので、おすすめのクレジットカードをご紹介します。

未成年におすすめのクレジットカード

未成年におすすめのクレジットカード

未成年でも簡単に作ることができるクレジットカードは3つあります。

それぞれの特徴も合わせて見ていきましょう。

エポスカード

エポスカード

年会費:無料
キャッシング利用可能額:最大100万円
金利:年18.0%

エポスカードは丸井が提供するクレジットカードで、若者を中心に利用者を増やしていますので、学生でも問題なくカードを作ることができます。

キャッシングの利用可能額が最大100万円になっていますが、学生の場合は借りられても数万円程度ですので注意してください。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

年会費:初年度無料(翌年以降も年1回の利用で無料)
キャッシング利用可能額:最大5万円
金利:年18.0%

三井住友VISAデビュープラスカードは、学生や新社会人向けのクレジットカードです。

Apple Payにも対応していますので、iPhoneユーザーにおすすめのクレジットカードです。

キャッシング可能額が5万円しかありませんが、他のクレジットカードでも、学生ですとそれくらいが実質の上限ですので気にする必要はありません。

楽天カード

楽天カード

年会費:無料
キャッシング利用可能額:最大100万円
金利:年18.0%

楽天カードも作りやすいカードとして人気があります。

ショッピング利用で楽天ポイントが貯まり、カードを作るだけで高額な楽天ポイントをもらえたりします。

楽天市場などを利用することの多い学生さんにおすすめのクレジットカードです。

学生専用ローンを利用する

学生専用ローンを利用する

クレジットカードのキャッシングですと、数万円しか借りることができません。

旅行資金や岳飛の支払いなどで、もう少しまとまったお金が必要な場合におすすめなのが、学生専用ローンです。

学生専用ローンなら50万円程度を上限に借入れが可能です。

学生専用ローンでお金借りるためには、アルバイトなどをして収入があることが条件になりますが、金融機関によっては親の承認なしで融資をしてくれるところもあります。

ただし、すべての学生専用ローンが未成年への融資を行っているわけではありませんので注意してください。

学費を借りるなら奨学金を利用する

学費を借りるなら奨学金を利用する

大学に通っているのであれば奨学金を利用することも考えましょう。

無利子の奨学金は成績優秀者でないと借りられませんが、有利子の奨学金は低金利で高額な借入れが可能です。

大学生であれば、月額で最大12万円まで借入れが可能ですので、アルバイトをせずに勉強に集中することも可能です。

ただし、まとまったお金を借りられるのは入学時のみで、それ以降は月ごとの貸与になりますので、高額なお金が必要なときには積み立てておく必要があります。

また、最近では社会人になって返済に苦しむ人が増えていますので、しっかりと返済のことも考えて利用しましょう。

就職が決まっているなら、内定者ローンを利用する

内定者ローンを利用する

一部の金融機関では内定者ローンといって、就職が決まっている大学生を対象に融資を行っています。

金利が低く返済しやすいローンで人気がありますが、利用条件が厳しく、誰でも申し込みできるわけではないというデメリットがあります。

例えば、東海ろうきん「みらいず」は「愛知・岐阜・三重県内に居住し、企業等から就職内定を受けている方で、東海3県下で勤務(見込)」という条件があります。

さらに内定者ローンの商品を取り扱っている金融機関が限られてしまいますので、そういうローンがあることだけ、頭に入れておいてください。

ゆうちょ銀行の担保貸付を利用する

ゆうちょ銀行の担保貸付を利用する

もし、ゆうちょ銀行に定期貯金や定額貯金があるのなら、それを担保にお金を借りるということもできます。

返済できなくなっても、担保にしてある貯金から返済ができるということで未成年でも無審査でお金を借りることができます。

借りられるのが預けているお金の9割までですが、定期貯金に50万円入っている場合には45万円まで借りることができます。

すでにお金を預けていることが利用の前提になりますが、親が積み立てておいてくれた定期貯金・定額貯金がある人は活用にしてください。

就学中以外の未成年がお金を借りることは難しい?

未成年がお金を借りることは難しい?

学生なら様々な借り方があることが分かってもらえたかと思いますが、それでは学生ではない未成年だとお金をかりるのは難しいのでしょうか?

それとも借りる方法があるのでしょうか?

もちろん、学生でないと借りられないということはありません。

奨学金や内定者ローンのように学生でしか利用できないものもありますが、クレジットカードのキャッシング枠やゆうちょ銀行の担保貸付なら問題なく借りることができます。

学生ローンも学生以外の未成年に融資している金融機関もあります。

借入れ方法の選択肢は狭まってしまいますが、未成年でも仕事をしていて安定収入があるなら借りることは可能ですので、上記でご紹介した方法を参考に申し込みをしてみましょう。

ただし、無職で収入がない場合には融資を断られますので、気をつけてください。

クレジットカードの現金化はほとんどの業者で利用不可

クレジットカードの現金化はほとんどの業者で利用不可

クレジットカードのキャッシング枠がつけられなかった場合、クレジットカードの現金化という方法で現金を手にする方法があります。

多くの現金化業者が、キャッシュバックのある商品をクレジットカードで購入するという方法で現金化をしています。

このクレジットカードの現金化は、お金が必要だけどどこからも借りられない人の駆け込み寺といった使われ方をしていますが、残念ながら未成年が利用できる現金化業者はほとんどありません。

現金化業者は違法ではないものの、クレジットカードの利用規約違反を指摘される可能性があります。

契約行為が認められていない未成年との取り引きは、返済に関して揉める可能性が高いため、トラブル回避のために利用不可としています。

また、自分で新幹線の回数券などを買って売るという方法は、カード会社に監視されていますので、ほぼ間違いなくクレジットカードを解約されてしまいます。

場合によってはブラックリスト入りすることになりますので、クレジットカードの現金化はしないでください。

未成年が年齢を偽ってお金を借りるとどうなる?

未成年が年齢を偽ってお金を借りるとどうなる?

未成年だから借りられないなら、年齢を偽って借りればいいのでは?そう思うかもしれませんが、正規の金融機関はすべて、お金借りるときに運転免許証などの、本人確認書類の提出を求められます。

提出するのはコピーですので偽造ができないわけではありませんが、公文書偽造罪になります。

バレなければいいじゃないかと思うかもしれませんが、個人の金融取引はすべて個人信用情報機関で管理され個人情報も記録として残ります。

これからお金を借りるときには、一生年齢を偽り続けなくてはいけなくなります。

将来結婚をして住宅ローンを組むときになって、年齢詐称がバレるなんてことも考えられます。数万円のお金を借りたいがために、そこまでリスクを負うのは賢明ではありません。

メリットに対するリスクが大きすぎますし、法律にも違反していますので年齢を詐称してお金を借りることは絶対に避けてください。

まとめ:未成年がお金を借りるときには親に相談する

未成年がお金を借りるときには親に相談する

未成年でもお金を借りる方法があることは分かってもらえたかと思いますが、学生ローンは金利が高くまとまったお金を借りたときに返済困難になる可能性があります。

返済できなくなったときには親にバレてしまいますので、親に秘密で借りるのはおすすめしません。

未成年でお金が必要になったなら、まずは親に相談してください。

親もおかしなところから借りられるよりはマシということで、お金を貸してくれるかもしれません。

どこから借りればいいのかを一緒になって考えてくれる可能性もあります。

どこから借りるにしても、親の同意が必要なのが未成年という立場です。

親に相談しにくいと言う人もいるかもしれませんが、どこから借りるにしても親の協力が必要です。

お金が必要になった理由をきちんと伝えて、お金をかりるための協力をしてもらいましょう。

タイトルとURLをコピーしました