高齢者でも借りれるローン特集。60歳以上でもOKな金融機関まとめ

高齢者でも借りれるローン特集 借りる方法

60歳以上の高齢者になるとお金が借りにくくなるということを、耳にしたことのある人も多いかと思います。

でも今は60歳でも働いている人が多いですし、何かとお金が必要になる機会がまだまだありますよね。

そういうとき、どこなら融資をしてくれるのでしょう。

ここでは自分で金融機関を探すのが難しい人のために、60歳以上でもローンを組める金融機関について情報をまとめています。

なぜ借りにくいかも含めて説明しますので、ぜひ参考にしてください。

60歳以上の高齢者がローンを組んだり、お金を借りる方法は限られる

60歳以上でお金を借りる方法は限られる

50代のうちは働き盛りということもあって、簡単にお金を借りることができていた人でも、60代になった途端に審査に落ちやすくなります。

なぜ、高齢者がローンを組むのが難しいのか、ここではその理由について説明します。

融資の鍵は返済能力と、安定収入

融資の鍵は返済能力と安定収入

どの金融機関も融資をする基準は同じで、「完済まで安定した収入がある」ことが審査を通すための必須条件になります。

現在は定年が伸びて60歳以上でも働いている人も増えましたが、それでも65歳くらいで退職となります。

ということは、60歳でお金を借りても無理なく返済できるのは65歳までです。

65歳まで働いてくれればいいのですが、働き続けるのが難しくなって、それまでに辞めてしまう人もいます。

そうなると、安定収入が途絶えてしまいまい返済が難しくなります。

また、高齢者ですと病気などで亡くなってしまう可能性が高く、この場合に相続人が返済してくれればいいのですが、相続を放棄されると貸したお金が戻ってきません。

このように返済能力という面でも不安があるため、60歳以上になると審査が厳しくなります。

ただし、絶対に借りられないというわけではなく、例えば数万円程度なら返済困難になることもありませんし、退職金を期待できるなら数十万円という金額でも融資は可能です。

高齢者でも安定収入があれば、無理のない範囲内で借入れできますので、最初から諦める必要はありません。

老齢年金は安定収入とみなされるのか?

老齢年金は安定収入とみなされるのか

高齢者でも安定収入があれば、ローンを借りることができるとお伝えしましたが、それでは年金は安定収入として利用できるのでしょうか?

これは金融機関によって判断が変わります。

確かに安定収入ではあるものの、年金を担保にお金を貸すことは禁止されています。

カードローンは無担保融資ですので、年金を担保にしているわけではありません。

ただ、返済は年金から行っていますので、実質的には年金を利用して借りることになります。

この解釈が金融機関によって違うため、老齢年金を安定収入として貸すかどうかの判断も違ってくるというわけです。

また金融機関の多くが融資条件を65歳や69歳に設定しています。

老齢年金で融資をする金融機関でも、その年齢を超えてしまうと新規の借り入れができなくなります。

このため、70代になると借りることができる金融機関がほとんどありません。

高齢者がお金を借りる3つの方法

  1. 大手消費者金融から借りる
  2. 銀行からお金を借りる
  3. リバースモーゲージを利用する

高齢者がお金を借りる方法は3つあります。

それぞれどのような特徴があり、どこから借りることができるのかについてご紹介していきます。

大手消費者金融から借りる

大手消費者金融から借りる

3つの借り方のうち、最も借りやすいのは大手消費者金融です。

審査が甘いということはありませんが、金利を高くすることで審査基準を下げていますので、銀行で審査落ちした人でもローンを組むことができます。

そんな消費者金融のなかでも、おすすめの4社をご紹介します。

アコム

年齢制限:20歳以上
利用可能額:1万~800万円
金利:年3.0~18.0%

アコムは20歳以上で、安定した収入と返済能力があれば融資をしてくれます。

このため60歳であっても、仕事をしている人なら問題なく借りることができます。

店頭窓口でも申込み可能ですので、パソコンやスマホの操作が苦手という人でも安心して申し込みできます。

プロミス

年齢制限:20歳以上69歳以下
利用可能額:500万円まで
金利:年4.5~17.8%

プロミスは69歳以下までという条件がついていますが、60代で仕事に就いているのであればローン利用が可能です。

こちらも来店での申し込みが可能で、相談しながら申し込みができます。

もちろんパソコンやスマホからの申し込みもOKで、スマホアプリを使ったアプリローンもあります。

SMBCモビット

年齢制限:20歳以上69歳以下
利用可能額:800万円まで
金利:年3.0~18.0%

SMBCモビットも、プロミスと同様に60代で安定した収入があれば借入可能です。

ただし、窓口での受付を行っていませんので、相談しながらの申し込みをしたいのであれば、電話で申込みをする必要があります。

WEB完結での利用が可能で、誰にも知られずにお金を借りることができるという特徴があります。

アイフル

年齢制限:20歳以上69歳以下
利用可能額:800万円まで
金利:年3.0~18.0%

アイフルの貸付対象者は「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方」となっていますが、注意書きに満70歳になったら新規の融資を行わないと記載されていますので、借りられるのは60代までです。

アイフルも店頭での申込みに対応しています。

大手消費者金融から借りる

大手消費者金融から借りる

60歳以上でも上場企業で働いているなら、銀行から借りるという方法もあります。

銀行のローンは審査が厳しいため、条件のいい人でないと借りることができませんが、消費者金融と比べると、低金利で借りることができるため、返済利息を抑えることができます。

どのような銀行を利用できるのかを見ていきましょう。

みずほ銀行カードローン

年齢制限:20歳以上66歳未満
利用可能額:800万円まで
金利:年2.0~14.0%

みずほ銀行のカードローンは65歳までしか申し込みできませんが、取引期間は69歳まで更新可能です。

店頭での申込みにも対応していますので、相談しながらの申し込みが可能です。

消費者金融と比べるとかなり金利を抑えることができますので、みずほ銀行をメインバンクにしている人におすすめします。

三井住友銀行カードローン

年齢制限:20歳以上69歳以下
利用可能額:800万円まで
金利:年4.0~14.5%

三井住友銀行のカードローンは69歳まで申込可能ですが、窓口での申込みには対応していません。

相談しながら申し込みをしたいという場合には、電話での申込みする必要があります。

三井住友銀行の口座開設が不要ですが、こちらも三井住友銀行をメインバンクにしている人におすすめの商品です。

リバースモーゲージを利用する

リバースモーゲージを利用する

60歳以上でお金を借りる方法としては、消費者金融や銀行のカードローンの他に、リバースモーゲージという貸付制度があります。

リバースモーゲージは持ち家を担保に、老後の生活資金を借りることができる制度です。

カードローンとの違いは返済方法にあります。

カードローンのように毎月返済をするのではなく、債務者が亡くなったときに、持ち家を売却して借金の一括返済を行います。

子どもに家を残すということができなくなりますが、老後の生活を子どもに頼ることなく行えるということで、利用者が増えています。

ただし、利用できる地域に限りがあり、家の価値が下がることも考えて融資限度額がかなり低く設定されています。

リバースモーゲージよりも、売却したほうがいいというケースもありますので、不動産会社に家の価値を査定してもらい、比較検討して利用するかどうかを決めましょう。

金融機関からの借入は限界がある。福祉制度を利用するのもひとつ

福祉制度を利用する

高齢者になると死亡リスクもあるので、やはり金融機関からの借入れには限界があります。

このため、お金が必要なのに借りられないというケースが増えていきます。

そういうときには福祉制度を利用するという選択肢もあります。

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 福祉医療機構の年金担保融資貸付

この2つが代表的な福祉制度で、高齢者でもお金を借りることができます。

生活福祉資金貸付制度は国が用意したセーフティーネットで、低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯が利用できる制度です。

高齢者世帯で借りることができるのは福祉資金だけですが、介護に必要なお金や、緊急でお金が必要になったときの少額な費用を借りることができます。

年金を担保にすることは禁止されているとお伝えしましたが、実は福祉医療機構の年金担保融資貸付だけ、特例として年金を担保にお金を借りることができます。

70歳以上になって金融機関の年齢制限を超えてしまった人は、福祉医療機構の年金担保融資貸付を利用しましょう。

まとめ:高齢者が借りる場合には少額にしておこう

高齢者が借りる場合には少額にしておこう

年金の支給年齢が65歳になったことで、60歳を超えても現役で働き続ける人が増えています。

働いていると収入はありますが、それと同時に支出も増えてしまいます。

付き合いなどでどうしてもお金が必要になったとき、やはり頼りになるのは銀行や消費者金融などの金融機関です。

ただし、どの金融機関も貸してくれるのは60代までで、年齢制限を設けていない消費者金融も、安定収入がない人には融資を行ってくれません。

しかも高齢で死亡リスクが高いということもあり審査がかなり厳しくなります。

確実に借りたいのであれば、50万円以下の少額な借入れにしておきましょう。

それ以上の借入れになると審査のハードルが高くなり、融資を断られる確率が上がります。

もし自分に何かあったときに配偶者や子どもに借金を残してしまうという可能性もあります。

自分はまだまだ若いつもりでも、寿命だけは自分でコントロールできません。

お金を借りることは問題ありませんが、何かあったときに退職金や保険などできちんと返済できる範囲内の、少額な借入れに抑えておくことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました